ボケーっとした顔以下はNHKの経営委員会第1110回議事録より安田喜憲委員の発言。 
ペン日本は、いつの間にか文明が成熟しているので、今の日本の若者の接触者率を増やさなければならないとか言っていますが、私は、今の若者に徴兵制はだめとしても、徴農制とか、徴林制とか漁村に行けとか、そういう法律で、テレビの番組も何時から何時まできちんと見るということにすればいいと思います。この番組を見なければ会社に就職させないとか、抜本的に政策を変えないと、日本は本当に大変なところへ行くのではないかと思います。したがって、そういう面でNHKの役割は非常に大きいので、許される範囲を超えるものもあると思いますが、もっときつい方策をとらなければならないところまで来ているのではないか思います。 

(略)
 

日本人がテレビを見て発散したいというのは、言語道断です。根本的に日本を変えないと本当に危ないと思います。テレビを見てストレス発散するというのは、ふざけています。そういう社会にしてしまったわれわれの責任でもあります。だから、これから根本的に日本の国家のあり方、若者教育のあり方、大学の教育のあり方について考えなければならないと思います。
 

(略)
 

プラグマティック(実利的)だということですから、学生や若者は自分なりに価値があると判断しなければ見ません。だから、これを見たら受験に役立つ、これを見たら就職に役立つというようなイメージの番組作りをしていくことが必要だと思います。NHKのある番組を見ていなかったら就職もできないよというような。
 

(略)
 

忘れてはいけないことは、若者の心は変わりやすく、無責任だということです。ですから、きちんとわれわれが、どういう方針を与えて、未来に対してどういう放送をしていくのかという、確たる意識があれば、若者もそれにおのずからついてきます。そういう若者の意見にふらふらされるようでは、執行部の意味がありません。われわれがきちんと、確たる未来に、どんな日本をつくらなければならないか、どんな若者を育てなければならないかということをはっきり持っていれば、若者は必ずそれについてきます。
 

平成22年1月29日(金)公表
 
日本放送協会第1110回経営委員会議事録(平成22年1月12・13日開催分) 

第1110回 経営委員会議事録
 
http://www.asyura2.com/09/hihyo10/msg/368.html 
http://www.nhk.or.jp/keiei-iinkai/giji/index.html 
_______________________________ 

ボケーっとした顔だったらまともな報道しろ。国民の金で日本を貶める番組を作るな。 
日本人の戦争責任追及だとか、左翼に偏り過ぎた番組止めろ。 
「天安門事件で死者はなかった」「シルクロードの旅」とか中共御用達みたいな番組作るな。 

メモ「日本は謝罪と賠償を」by NHK 
工事中