だめ男別館 日本に迫る危機 工事中

今日本に迫る危機をわかりやすく説明  工事中

カテゴリ: 慰安婦

以下は「官憲による強制連行はなかった」で、日韓研究者の間で決着がついた話。 
__________________________________ 

クリップ 吉見義明 林博史『共同研究日本軍慰安婦』  p60 
朝鮮での徴集のさいの憲兵・警察の関与の実態は、具体的な資料が出てきていないので、よくわからない。 
「募集」に関して、朝鮮総督府が具体的にどのように関与していたのか、残念ながら史料がないのでこれ以上わからない。 

クリップ吉見義明『従軍慰安婦をめぐる30のウソと真実』24pより 
「官憲による奴隷狩りのような連行」が朝鮮・台湾であったことは、確認されていない。 

わーい(嬉しい顔)吉見先生は、1997年2月27日の朝鮮時報でも 
「『官憲による奴隷狩りのような連行』を裏付ける公文書は、今のところ出ていない」と明言しています。 
番組討論でも「朝鮮半島で権力による強制連行があったと証明できていない」と言ったそうで、のちに小林よしのりのマンガでも引用されています。 
__________________________________ 

クリップ和田春樹東大教授(アジア女性基金呼びかけ人) 

『アジア女性基金ニュース8号』 
「官憲による直接的な強制を立証する文書資料が未だ発見されていないのは確かです」 

『慰安婦問題という問い』p22 
女子挺身隊として募集された人びとを日本の政府が「慰安婦」にしたということは、まったく裏付けられていません。その事実はほとんど存在しないと言われています。証言もなければ、それを裏付ける資料も見つかっていません。女子挺身隊と「慰安婦」は関係ない。(中略) 
制度的な強制は恐らく韓国・台湾の場合は存在しない。 
(インドネシア、フィリピン、中国で、末端の兵士が女性を連行し、レイプしてそのまま監禁し、一定期間継続的にそうした行為を強制するというかたちが広くみられました。私設の「慰安所」とか準「慰安所」と研究者は呼んでいますけど、こういうところではまぎれもなく強制があった) 
__________________________________ 

クリップ安秉直教授(慰安婦について韓国挺身隊問題対策協議会と共同で調査した人) 
 韓国の新聞のインタビューにて 
「問題は強制動員だ。強制動員されたという一部の慰安婦経験者の証言はあるが、韓日とも客観的資料は一つもない」 
「3年活動してからやめた理由は、彼ら(挺身隊対策協)の目的が慰安婦の本質を把握して今日の悲惨な慰安婦現象を防止することではなく、日本とケンカすることだったからだ」
 
http://www.youtube.com/watch?v=T8v6zxiNBCg&feature=related 

クリップ西岡力『よくわかる慰安婦問題』p83より 

同じ頃、韓国人から強制連行はなかったという話を連続して聞いた。 
私がソウルで会ったある韓国人記者は、「自分はこの問題についてこれ以上は書かない」と言った。 
「それはどういうことですか」と尋ねると、 
「元慰安婦の女性にかなり取材をしてきた。 
ところが彼女たちは慰安所に入られてからの悲惨な生活についてはよくしゃべるのだが、しかし連れていかれる過程になるととたんに口ごもることが多い。 
それで追求していくと、どうも女衒がからんでいるらしいことがわかってきた」とのことだった。 
それで私が「女衒って日本人ですか」と聞くと、 
「あなたね、日帝時代、朝鮮の田舎に日本人が入っていけると思いますか」と言うのである。 
つまり取材を重ねるにつれ、朝鮮人の女衒が関与して、身売りとして売られていったという人たちなのだということがだんだんわかってきたというの 
だ。 

クリップ西岡力『よくわかる従軍慰安婦問題』p84 より 

左翼知識人である在日朝鮮人高峻石氏は佐藤勝己氏に、 
「吉田の言うような日本軍による慰安婦狩りなどなかった。 
自分の村でも慰安婦が出ている。自分の親戚にあたるある未亡人が、村の娘ら何人かを中国に連れて行ってい暗所を開き大金をもうけて話題になり、村から別の娘たちもその慰安所に出稼ぎに行った。 
当時の済州島でも貧しさで身売りする娘が珍しくなかったのに、なぜ、軍がわざわざ慰安婦狩りをする必要があるのか。もしそんなことがあれば、噂はすぐ広まったはずだが 、聞いたことがない」と話していた。 
__________________________________ 

クリップ呉善花 『「反日韓国」に未来はない』 

私は韓国で生まれて二十六歳まで韓国で生活していた間、村の女を軍や総督府の官憲が強制的に連行したといった話はいっさい耳にしたことがありません。 
 また、私が『生活者の日本統治時代』で、インタビューした植民地世代の韓国人の誰一人として、そのような光景を見たことも聞いたこともないといっていますにもかかわらず、最近になってそうした話が出るなんて、まったくおかしなことだというしかありません。 
 日本の左翼活動家が反日民族主義の活動家に入れ知恵して以来、 
「そういうことがあったらしい」「そういうことがあったに違いない」「そういうことが事実あった」 
というようにエスカレートしていったことは明らかです。 
 こうして「従軍慰安婦」問題は、女子挺身他(女性の徴用者たち)と意図的に混同させられ、大量の女たちが「従軍慰安婦」させられた、強制連行でそうさせられた、という物語がつくられ、 
それがあたかも真実であるかのように韓国国内で信じられるまでになってしまったのです。 
__________________________________ 

クリップ長沢健一『漢口慰安所』P240より 

長年慰安所の管理監督に当たった兵站部員は、慰安所の内部で一度も、いわれるような日本軍部、官憲による朝鮮婦女強制連行の噂さえ聞いたことがないのである。 
私が特殊診療所勤務の際、朝鮮出身業者に、慰安婦補充について問うたことがある。 
その業者は、
朝鮮でも日本内地と同様に遊郭がいくらもあり、娼妓も多くいるから、慰安婦の補充に事欠かないと答えていた。 
金山慰安所副組合長はやはりこの問題について、山田慰安婦係長に、慰安所は金も儲かるし、身体は楽なので伝え聞いて雇い入れを望む女は多く、不自由していないといったそうである。 
__________________________________ 

クリップ秦郁彦『慰安婦と戦場の性』 P380より 

…いずれにせよ、平時と同じ身売り方式で女性集めが可能なら、植民地支配が崩壊しかねないリスクをはらむ「強制連行」に官憲が乗り出すはずはないと考えられる。 
 それを裏書するのは、四十四年夏、テニアン島で米軍の捕虜になったリー・パクドら三人の朝鮮人による陳述である。「面長は自由選挙でえらばれた指導力のある実力派の老人」とか「労務動員を拒否すると投獄される」と語ったあと、朝鮮人慰安婦について次のように述べている。 
 太平洋の戦場で会った朝鮮人慰安婦 (prostitutes) は、すべて志願者 (volunteer)か、両親に売られた者ばかりである。もし女性たちを強制動員 (direct conscription)すれば、老若問わず朝鮮人は憤怒して立ちあがり、どんな報復を受けようと日本人を殺すだろう。 
 尋問官が「今まで尋問した百人ばかりの朝鮮人捕虜と同じく、反日感情が強い」と評している朝鮮人軍属の証言だけに、何よりも説得力を持つのではあるまいか。  

本当は李明博は「ひざまづいて、両脚を縛って謝れ」と言った。 
それじゃあまりに­ひどいので大統領府が「謝罪しろ」に修正したんだそうです。 
http://www.youtube.com/watch?v=FJRYuYrjKEg 



ボケーっとした顔首相が謝罪した時も「土下座しろ」と無茶な要求するし、 
「右翼雑誌を放置しているのは反省していないからだ」となる。 
金を出すと言っても「金じゃない、誠意を見せろ!」となる。 
つまり、彼らの言う真摯な態度っていうのは朝貢であり、一億総懺悔。 

かつてアジア、アフリカ、南米、世界中を植民地に収めて収奪と弾圧を数百年間も行ってきた欧米諸国が一度たりとも謝罪など行わない中で、日本だけがひたすら土下座外交を続けてきたが、いくら謝っても永久に「許しの日」は来ない。 
日本を「許す」と言えば、日本から金を巻きあげる口実、日本を政治的にも軍事的にも弱体化させるカードがなくなってしまうからだ。 
金だけではない。 
韓国は道徳奪取闘争社会なので、日本への謝罪要求は永遠なのだ。 
__________________________________ 

クリップ【記者手帳】天皇への謝罪要求、何が間違っているのか 
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/08/20/2012082000968.html 

 日本の野田佳彦首相が李明博(イ・ミョンバク)大統領に送った「抗議の書簡」(親書)が、両国の対立をさらにあおっている。野田首相が李大統領に書簡を送った表面的な理由は、李大統領による独島(日本名:竹島)訪問だが、本当の理由は李大統領が天皇を批判したことだ。日本について詳しいQ氏は「韓国による日王(天皇)批判に対応しなければ、これ以上首相の座を維持できないからだろう」と述べた。 

 李大統領は今月10日、韓国の大統領として初めて独島を訪問したが、この時点で日本の対応は比較的落ち着いていた。李大統領による独島訪問を、自分たちが望む「独島の紛争地域化」に利用できると考えていたからだ。 

 ところが日本の雰囲気が急変するきっかけとなったのは、14日に李大統領が行った天皇批判だ。李大統領はこの日、韓国教員大学で開催された、校内暴力をめぐる教師たちのワークショップで、ある教師が独島訪問の感想を尋ねた際「(日王が)『痛惜の念』などの単語を持ってくるだけなら、来る必要はない」と発言した。 

 日本の政治家たちはこの発言が報じられると同時に「礼儀知らずだ」「無礼だ」などと先を争って批判した。野田内閣が追加の「報復措置」に着手したのも、この天皇王批判が大きく作用している。しかし韓国の立場からすると、天皇批判に日本の政界がこれほどまでに敏感に反応する理由が理解できない。 

 韓国史から見ると、今上天皇の父親、昭和天皇は1926年の即位後、日本が朝鮮半島を統治した時代に民族全体を迫害し、弾圧した人物で、太平洋戦争では韓国の若い男性を銃の盾とし、若い女性を日本軍の性的奴隷とした、まさに「特別A級戦犯」だ。今なお韓国民族を苦しめる南北分断も、昭和天皇が統治していた日帝時代の統治が原因になっている。その日本の王室に対し「韓国に来たければ、韓国の独立運動家が全てこの世を去る前に、心から謝罪せよ」と求めたわけだが、これはある意味当然の要求だ。李大統領による発言は、時期的には問題があったかもしれないが、決して言ってはならない言葉というわけではない。 

 これまで韓国の大統領や政治家は、天皇を神聖視する日本の特殊な状況を意識し、可能な限り天皇に関する発言を公の席では控えてきた。今考えれば、こちらの方がおかしなことだ。 

 米国も同じだ。天皇が日本で占める立場を考慮し、戦犯の天皇には戦争の責任を問わず、日本の王室の存続を認めたのだ。 

 このような背景から、昭和-今上天皇は国際社会の要求があるたびに、歴史に対する遺憾の意を少しずつ表明することで、責任を回避することができた。1989年に即位した今上天皇は「平成」を年号として使用している。『史記』の「内平外成」と『書経』の「地平天成」から引用した平成という言葉は「世の中と日本内外の平和を願う」という意味だ。 

 このように日本の王室が訴える平和を実現するには、まずは心から過ちを認め、これに対する批判を受け入れる勇気から持たなければならない。西ドイツのブラント首相(当時)は1970年12月、ポーランドのワルシャワにあるユダヤ人犠牲者慰霊碑前で膝をついて謝罪した。日本もこの事実を思い起こすべきだ。天皇は決して神聖不可侵ではない。 

 今上天皇は手遅れになる前に、ブラント首相のように膝をついて謝罪する写真を歴史に残すべきだ。 

李河遠(イ・ハウォン)政治部記者 

__________________________________ 

韓国は2005年3月上旬 
60人あまりの
在韓日本人妻を集めチマチョゴリを着せて1000人あまりの韓国人の前で日本の竹島領有権主張に対する懺悔文を朗読させ 
土下座をさせた。 
http://plaza.rakuten.co.jp/nwaiwgp/diary/200503020002/ 
クリップ議政府=シンサングドック記者,連合ニュース 
http://news.naver.com/photo/read.php?mode=LTD&office_id=022&article_id=0000083241§ion_id=102&view=all 
うちのご先祖の過ちで苦痛受けた皆さんに心よりお詫びさせていただきます.” 
日本島根県議の‘竹島の日’制定推進と在韓日本大使の妄言など日本のすぎ去った事歪曲が続いている中に日帝殖民統治で被害を被った韓国人に対して灰した日本人女性たちが頭下げて謝る席が用意された. 
韓国に婚入した日本人女性60人余りは韓服をきれいに着飾って1000人余りの年寄りたちの前で上手ではない韓国語で‘議政府市民たちに差し上げる文’を朗読して懺悔の涙を流した. 
1993年韓国に婚入した句度ダエコ(46)さんは“韓国に婚入して分かるようになった日本の蛮行に対して常に申し訳ない心だった”と“日本人が居住しない独島をしきりに日本地だと歪曲する日本の外交政策を理解することができない”と言った. 
この日行事に参加した日本人女性たちは2000年ハンサラングフェという奉仕団体を構成,老人ホームを回ってボランティアを広げている.

__________________________________ 

中共で爆発的に売れたという『謝罪と評価転覆』という本では、1970年にブラント西独首相がポーランドのユダヤ人慰霊碑の前にひざまずいた例を挙げて、 

「日本の謝罪とは天皇が土下座することだ」と主張している。 
______________________________ 

クリップ元慰安婦の李容洙 

「日本国の総理が私の前にひざまずいて公式謝罪し、賠償しなければならないし、そうすることが日本の子孫たちが平和に住めるようになる道だ」 
2007年ハーバード大学にてhttp://ianfukangaeru.blogspot.jp/2011/11/in2007.html 

「日本は一日でもはやく謝罪し賠償しなければならない」 
日王(天皇のこと)が私の前にきてひざまずいて謝罪しなければならない」
2011年ニューヨークの国連駐在日本代表部 
http://www.dailiang.co.kr/news/articleView.html?idxno=35293 

「日本のお金を全部かき集めてくれると言っても、私は受けないだろう」 
2007年米下院にてhttp://www.kdaily.com/news/newsView.php?id=20070217003007 


______________________________ 

クリップe中央ニュース 

日王は朝鮮民族に土下座して謝罪して退かなければならないだろう。また、収奪と略奪で綴られた過去の歴史整理も一緒にしていかなければならない」 
http://www.ejanews.co.kr/sub_read.html?uid=17929§ion=sc8§ion2= 

______________________________ 

歴史歪曲-領土歪曲、終わりはどこなのか! 
written by. konas 

セヌリ党・チョ・ミョンチョル議員、日本の独島領有権主張に対して声明 

日本が2012年防衛白書に独島(トクト)領有権を主張したのと関連して、セヌリ党・チョ・ミョンチョル議員が声明を通じて、帝国主義の野心を捨てて過ぎた日の反人倫的誤りをすすぐためには、土下座して謝罪して、謝罪の真正性を見せなければなければならないと忠告した。 
チョ議員はまた、独島問題は言い張っても駆け引きしてもどうにかなる問題ではなく、領有権の主張は大韓民国の神聖な領土を侵奪する挑発行為で直ちに中止しなければなければならないと強調した。 

次はチョ・ミョンチョル議員の声明書の内容である。(Konas) 
Konaskonasnet 
------------------------------------------------------------------ 

歴史歪曲-領土歪曲、終わりはどこなのか! 

2012年7月31日、日本は独島を日本領土だという妄言が収録された日本防衛白書を発表した。 
歴史歪曲教科書に慣れたように日本は独島を「竹島」と言い張る内容を中学校で採択しただけでも不足で、独島領有権の主張を現実化させるためにありったけの力をふりしぼっている。 
日本は私たち国民に頭を下げて謝罪をしても不足しているところだ。去る36年間、私たちの土地を侵略して収奪と植民地統治で野蛮行為と色々な蛮行を犯したが、67年が過ぎた今でも帝国主義の野心を捨てることができず、引き続き歴史歪曲を図々しく行っている。 
過去、日本政府は韓国とアジア諸国に行なった侵略と反人権的行為を犯してきたし、それによるぬぐうことのできない傷を与えた。これを治癒するために日本は土下座して、これに対する謝罪と補償を通じて歴史に対する真正性を見せなければならない。 
それにもかかわらず、日本は謝罪と補償どころか他人の領土を見下げて歴史歪曲を再び行い、韓国をはじめとするアジア諸国により大きな傷を与えていることに対して怒りを禁じ得ず、未来指向的な韓日関係改善のために日本政府はさらに多くの根拠のないごり押しを自制しなければならないだろう。 
独島は言い張ってもだめで駆け引きしてもなんとかなる問題ではない大韓民国の神聖な領土を侵奪する行為なので、独島に対する領有権を主張するのは大韓民国の尊厳性に対する明白な挑戦であり挑発行為だ。日本は大韓民国政府に対する過去の植民地統治に対する、日本軍慰安婦ハルモニ(おばあさん)に対する被害補償および謝罪をするべきで、歴史を歪曲する露骨な根性と常套的な主張を直ちに中止しなければならない。 
日本政府は独島領有権主張の恥ずかしさを知って自粛して、反省して、大韓民国に謝罪することを強力に求める! 

2012年8月1日 
国会議員 チョ・ミョンチョル 
ソース:Konas(韓国語) 2012-08-01午後6:21:36 
http://www.konas.net/article/article.asp?idx=29043

______________________________ 

杉並区 山田宏のブログ 
http://www.yamadahiroshi.com/report1_d.shtml?98:0 

民主党の小沢幹事長は、先日中国に続いて韓国を訪問し、李明博大統領からの日韓併合百年を機にした来年の天皇の韓国訪問の要請に対し、「韓国民が歓迎してくれればいいこと」と述べて、天皇の初訪韓に前向きな姿勢を示した。 

日経新聞 
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20091213AT3S1202I12122009.html 

韓国紙の中央日報の記事 
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=123896&;servcode=A00§code=A00 

私は天皇陛下の韓国訪問に反対するものではないが、小沢氏の「韓国民が歓迎してくれれば」という条件に、次のことは必ず含まれるべきだと考えている。 

まず第一に、
初訪問を天皇陛下の「謝罪の旅」にしてはならないということである。とりわけ来年は日韓併合(1910年)から100年の年という難しい年となる。日韓併合にいたる経緯についても、両国間でいろいろと議論のある中で、陛下のご訪問が未来志向になるのか、大変疑問だ。 
仮に訪問されても、『お言葉』の中身はせいぜい、初訪中の際の時と同じ「両国の間には、過去の一時期に不幸な時期があったことを残念に思う」まで。それ以上は言ってはならない。しかしそれで韓国国民は歓迎ムードになるのか。 

第二の条件は、韓国における天皇陛下の呼称である。今回の小沢会談では、李大統領は「天皇陛下」と話されたようだが、韓国の新聞などでは一般的に、「日本の天皇」の呼称としてあえて「日王」を使用している。 

たとえば「天皇訪韓」を伝える韓国メディア 
韓国聯合ニュース 
http://www.yonhapnews.co.kr/society/2009/10/06/0701000000AKR20091006202800004.HTML 
 見出しは
「日王は明成皇后殺害の謝罪をしなければならない」 

私は、韓国で天皇を「日王」と呼称している限り、天皇陛下は韓国を訪問すべきでないと考える。 

なぜか。 

それは、「日王」の表現には、天皇陛下への侮蔑と、朝鮮半島特有の伝統的な華夷秩序の世界観が濃厚だからである。 

「華夷秩序」とは、シナが世界の中心で、シナを頂点にした国の序列を認める伝統的な東アジアの世界観である。そしてその世界観は、皇帝を称するのはシナの皇帝だけであり、その下に「王」、その下に「候」「公」と続いていく。朝鮮は「朝鮮王」として、ベトナムは「越王」として、代々中国皇帝から承認を受けてきた。 

だから、歴史的にこの世界観の中にあった韓国からみると、日本の天皇の呼称を認めるということは、「皇」と称する日本を、「王」の称号しかもたなかった自分の国よりも上であることを認めることにもなり、許されざることなのだ。 
また、明治維新間もない日本が当時の朝鮮に送った国書にあった、この「天皇」の文字が原因となって征韓論もおこった。 

しかし、中国ですら「天皇」と表記し、世界中が「emperor」と英語表記している中で、韓国だけが「日王」とあえて表記使用している中で、天皇訪韓をするということは、韓国人にある「華夷秩序」の世界観を日本も容認したこととも受け取られかねない。 

「日いづるところの天子、日没するところの天子に書を致す」と聖徳太子が、当時の隋(中国)の皇帝に送った国書に表れているように、日本は古来から、「どんな国も対等」というのが日本の伝統的な世界観である。「華夷秩序」とは永遠に相容れない。 

小沢氏が天皇訪韓の条件としてあげた、「韓国民が歓迎してくれれば」というものの内容はわからない。よく吟味の上、この問題は慎重にも慎重に対処していただきたいものである。 


ところで、ここで紹介した韓国の中央日報の記事の中で、小沢氏が講演の中で「日本の天皇は、朝鮮半島の南地域の権力者の末裔」との説があるとして、かつて一世を風靡した「騎馬民族征服説」をあえて紹介したようだが、これについては、かつて渡部昇一先生からこんなエピソードを聞いたことがあるのでご紹介して、この説のいいかげんさを指摘しておきたい。 

本説を唱える江上教授に、講演のあとの質疑でこう質問されたそうです。 
「朝鮮半島から渡ってきた騎馬民族が日本を征服して大和朝廷をつくったと言うお話ですが、しかしそれならば、なぜ日本最古の歴史書の「古事記」や「日本書紀」に馬が全く登場しないのでしょうか」 
「えっ?登場しませんか?」と江上教授。 
「はい。馬が登場するのは一カ所。天照大神が機を織っているところに、怒った弟の須佐之男が馬の生皮を投げつける場面だけです」 
「そうですか。。。それは困りましたね」 

しかし、こんな学説だけをあえて韓国での講演で紹介するというのは、日本を代表する政治家としていかがなものであろうか。媚びを売っていると言われても反論できないのではないだろうか。

__________________________________ 

クリップ韓国・朴大統領、噴飯の二枚舌外交 「正しい歴史認識」はどこに行った? 
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130912/frn1309121810006-n1.htm 

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が、訪問中のベトナムであきれた「二枚舌外交」を披露した。日本に対しては「正しい歴史認識を持つべき」「責任と誠意ある措置を」などと要求しながら、残虐行為が相次いだ自国のベトナム戦争参戦には沈黙を続けたのだ。韓国の2018年平昌(ピョンチャン)冬季五輪と、20年東京夏季五輪の全面協力問題が浮上しているが、国家のトップがこれでは、とても信頼関係は築けない。 

 「自分のことを棚に上げて、日本を批判するのは韓国の得意技だ。例を挙げたらキリがない。ベトナムの首脳は『経済発展のために』と思って黙っているが、一般国民の韓国人嫌いは有名。ともかく、韓国と日本の価値観は違いすぎる」 

 本紙で「新悪韓論」(毎週水曜)を連載するジャーナリストの室谷克実氏はこう語った。 

 朴大統領は今月7日から、5日間の日程でベトナムを訪問した。チュオン・タン・サン国家主席や、グエン・フー・チョン共産党書記長、グエン・タン・ズン首相ら、同国首脳陣らと会談。ベトナムの原子力発電開発における協力推進などで一致した。 

 長期低迷に陥っている韓国経済活性化のため、朴大統領は「セールス外交」を宣言しており、原発などの売り込みを図った格好。両国首脳は良好な外交関係を演出したが、実は、重く暗い過去が横たわっている。 

 韓国は1964~73年、朴大統領の父、朴正煕(チョンヒ)大統領(当時)の判断でベトナム戦争に参加し、のべ30万人を派兵した。韓国軍の残虐行為(住民虐殺や婦女暴行など)は世界的にもよく知られ、韓国人兵士や軍属がベトナム人女性に産ませた子供たち「ライダイハン」は、3000人とも1万人ともいわれる。 

 ベトナムと韓国は92年に国交を結んだが、ベトナムは韓国に対して、住民虐殺や婦女暴行、ライダイハンなどに対する謝罪や反省、補償を求めなかった。ただ、2001年に金大中(キム・デジュン)大統領(当時)がベトナムを訪問した際、「不本意ながらベトナム国民に苦痛を与えたことを申し訳なく思う」と“謝罪”した。 

 これに対し、当時、野党ハンナラ党副総裁だった
朴大統領は「金大統領の歴史認識を憂慮せざるを得ない。参戦勇士の名誉を傷つけるものだ」と厳しく批判している。 

12年後の今年8月15日、朴大統領は日本の朝鮮半島統治からの解放を祝う「光復節」の記念式典で、「過去を直視する勇気と相手の痛みに対する配慮がなければ、未来を開く信頼を重ねていくことは厳しい」などと、日本に謝罪を求めた。 

 自らはベトナム国民の痛みに配慮も謝罪もせず、ひたすらトップセールスに走りながら、日本には「加害者と被害者という歴史的な立場は1000年の歴史が流れても変わらない」と言い切る朴大統領。あきれ果てる究極のダブルスタンダードというしかない。 

 こうしたなか、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長と、韓国オリンピック委員会(KOC)の金正幸会長が9日、ブエノスアイレスで会談し、18年平昌冬季五輪と、20年東京夏季五輪の成功に向け、全面協力することで合意した。 

 平昌五輪をめぐっては、財政上の問題をはじめ、競技施設や宿泊施設の不足、治安や雪不足などが懸念されている。このため、関係者の中には「日本に資金や技術提供を求めてくるのでは」という見方もある。 

 韓国の歴史捏造問題などを取材しているジャーナリストの大高未貴氏は「冗談じゃない。世界中で日本を貶める工作活動をしておきながら、ドサクサにまぎれて、日本に助けを求めてくるとしたら、開いた口が塞がらない。韓国のやり方には、多くの日本人がうんざりしている。責任を持って冬季五輪を招致したのでしょうから、韓国の責任で開催すべきです」と語っている。 
__________________________________

韓国人にも良識派がいて「韓国は慰安婦問題で日本を責める前にまずベトナムに謝罪する必要がある」と言ってる人もいる。 
朝鮮戦争で韓国軍は女をドラム缶で移動させて慰安婦として利用していた。 
ベトナム戦争の時も基地内に慰安所を開設していたが、それでは足りず強姦虐殺していた。 
以下さまざまな書で実態を知ることができる。 

大韓民国の物語 
p156〜>ドラム缶に女性を1人づつ押し込んでトラックに積んで最前線まで行ったといいます。夜になると「開店」するのですが、アメリカ兵も大いにこれを利用したということです。 

「韓国のケースでは韓国政府やアメリカ政府による強制があったとされている」 

「朝鮮戦争中に韓国軍に逮捕された北朝鮮人女性は強制的に慰安婦にされることもあった」 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
 
「朝鮮戦争中は、ドラム缶に女性を一人ずつ押し込んでトラックに積んで前線を移動して回っていた」 

「少なくとも1980年代までは韓国人女性達はアメリカ軍相手の売春を韓国政府やアメリカ人により強制されていた。」 

「1990年代以降の韓国では、アメリカ軍基地の近くで韓国人業者によりフィリピン人女性達が売春を強制されている」 

「1990年代中ごろから2002年までに5000人のロシア人やフィリピン人女性達が密入国させられた上で売春を強制させられていた。」 

「アメリカ軍相手の売春を強制されていた女性達は謝罪と補償を求めているが、自発的な売春婦であるとして一切の謝罪・補償をおこなっていない。アメリカ軍相手の売春を韓国政府やアメリカ人により強制されていた女性達は韓国政府の日本に対する絶え間ない賠償要求は韓国自身の歴史に対する欺瞞であると訴えている。」 ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎
 
アメリカ軍は1945年5月8日時点で、160万人の兵士がドイツに駐留していた。ハイデルベルクの米軍司令部は、45年3月から4月の間に裁判所で487件の強姦が扱われたとしている。 
1943年のシシリー島占領後、米軍はドイツ・イタリア軍が運営していた慰安所をシステムと人員ぐるみ引継ぎ、軍医とMPが規制した。
  
アメリカ軍が日本に進駐したとき、最初の1か月、それも神奈川県下だけで2900件の強姦事件が発生した。7年の占領期間中には2536件の殺人と3万件の強姦事件を起こした。事態を憂慮したGHQは、ついに東京都に慰安所の設置を要求した。これはうわさや誇張ではなくれっきとした事実である。

 


占領軍は上陸してすぐに勝ち戦の解放感を敗戦国民たる日本人にぶつけた。「真珠湾を忘れるな」と通行人を殴り、ピストルで脅して強奪、強姦、殺人…。27人の米兵に強姦された女性が仮死状態で見つかったことも。 
「良家の子女を守るため」の防波堤として慰安所の設置が急がれる。 
慰安所の効果は多少はあったようだが、皮肉なことに、治安のために作られたはずの慰安所がかえって犯罪の誘因になった。 
米兵は、慰安所に通うお代を稼ぐために強奪をした。また別の60人の米兵は、訪れた慰安所が休業と知ると暴れ出し、放火をした。欲求不満から帰りしな強姦事件を起こしたこともあった。 
多数の日本人女性を強姦し混血児がたくさん生まれた。 

ニッポン国策慰安婦―占領軍慰安施設・女たちの一生 
p263〜>アメリカはベトナムの基地内に、慰安所を開設したといわれる。解放戦士の女たちもまたアメリカ兵により強姦された。そのうちベトナムから身を引いたはずのアメリカが、その後もタイでタイ海軍と第七米艦隊で共同演習を行った。アメリカからのタイの武器買い入れ高と、タイ慰安婦の性業代価が同じといわれるほど、タイ人慰安婦も、性を売るのも国のためという黙許のなかにおかれた。 
__________________________________ 

クリップ尹 貞玉『朝鮮人女性がみた「慰安婦問題」』p131 
朝鮮社会の売買春 
朝鮮社会にも昔から様々な形の売買春が存在した。 
上流階級では高麗時代に中国から伝わったといわれる妓女制度があり、日本によって公娼制度が導入されるまで続いた。 
妓女制度はもともと宮中の医療や裁縫、歌舞などの技芸を担当する女卑として妓女(官妓)を雇用する制度であったが、時代が下るにつれて官史や辺境の軍人たちの性的奉仕を兼ねるようになったといわれている。 
(中略) 
近代の朝鮮には妓生を含めて一牌、二牌、三牌と呼ばれる売春婦が存在した。 
__________________________________ 

クリップ黄文雄『韓国は日本がつくった』142pより 
唐以後の朝鮮半島の歴史には、半島の人間は大陸の諸民族に強制連行されることがしばしばあった。今日に至っても、韓国での誘拐事件はじつに多い。 
__________________________________ 

クリップ黄文雄『従軍慰安婦問題』98pより 
中韓関係史から見ると、韓国は古代から中華帝国歴代王朝への貢女の献上地でした。また統一新羅の時代からは、唐軍に強制連行された高句麗、百済人には婦女子が多く、彼女たちは奴婢、もしくは官妓、営妓、私妓となりました。 
わーい(嬉しい顔)詳しくは…↓ 
メモ中国に献上しなければならなかった「人間の献上品」こと貢女 
http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/33954752.html
__________________________________ 

クリップ森崎和江「からゆきさん」 p80 
ウラジオには朝鮮人が住むところがありそこにも娼街があった。 
朝鮮の国境の人々も日本のからゆきのように、ロシアや清国の領土へと流れ出ていたのである。朝鮮人の遊び人と日本人博徒が、なわばりを争うようなこともあった。 
日韓併合前の日本人慰留地、釜山では、「日本人に抱かれた娼婦は死刑」というルールがあったそうです。(からゆきさんP119) 
__________________________________ 

クリップソウル城下に漢江は流れる」p16 

客人として地方の有力者の家で一夜を過ごす場合、泊る客人の身分にもよるが、たいてい食事の世話をするのは饌婢と呼ばれるはしためである。接客する方も夜伽を差し出さねばすまないほどの高貴な客が来訪すると 
ー むかし朝鮮では一時、賓客が訪れると娘や妾を差し出して添寝させる風習があって、これを客妾といった ー 
どんな大監であっても、夫人とか娘を客に供し、かの女たちはそれぞれ独自の方法で相手を勤めたものである。 
__________________________________ 

686116_1665196040_118large
686116_1665196039_227large
クリップ朝鮮雑記」 
朝鮮では金さえ投じれば、(朝鮮人の夫が)妻や妾を客の枕席に侍らさせる。これは亭主との話し合いの上のことである。 
かの国(朝鮮)の娼妓はすべて人の妻妾である。人の妻妾でないものは娼妓ではない。そしてその夫たる者はすべて娼妓から貰うのである。夫は自らの妻のために客を曳き、また自ら馬となり揚代(売春の代金)の請求に来るのである  
__________________________________ 
686116_1665196035_5large
クリップ世界の婦人」 
朝鮮では夫婦の間に精神的愛情はなく、男子は婦人をもって、ただ繁殖する機械と信じている。 
__________________________________ 
メモ古くから朝鮮では客に自分の妻や娘を差し出す風習があった。 
朝鮮の男性は金を貰っては自分の妻に売春をさせていた。 
つまり日韓併合前は、 朝鮮人女性=ほぼすべてが売春婦だった。
 
__________________________________ 

クリップ朝日新聞が報道した、日韓併合の真実」p53 
「テキサス村」 
テキサス村とは、韓国での米軍人相手の慰安所である。 
しかもこの慰安所は民間ではなく韓国政府が管理していた。 
その後、2009年1月8日にニューヨークタイムズ紙は「韓国は在韓米軍に慰安婦を提供していた」との記事を掲載した。 
記事の中で「韓国自体の歴史を厳しい目で検証せずに日本から賠償を求めるのは偽善だと、歴代韓国政府を非難している」 
「韓国政府は、米軍相手の大手売春斡旋業者でした」などと、レポートを裏付ける女性たちの証言が列記されている。 
だが朝日新聞はこのことを一行も報じていない。 
「朝鮮版」と同様、社の方針に都合が悪いことはなかったことにするのだろうか。 
p67 
「テキサス村」とは、当時(朝鮮戦争)、韓国の米軍基地 東豆川に韓国人慰安婦がいて、韓国の保健所で週1回検診を受け、検査済みの健康保険カードを提示して、米兵に肉体を提供していたことを示している。 
そこで「仕事」をしていた女性たちは、米兵のために喜んで「自発的意思」で「従軍慰安婦」になったのであろうか。 
筆者には日本軍のための「慰安所」と米軍のための「テキサス村」の違いがわからない。 
もっと言えば、GHQ占領下の横浜、小倉、大阪などに設置された「慰安所」にも米国は(日本へ)謝罪するのだろうか。 
__________________________________ 

【週刊新潮】韓国は在韓米軍に「慰安婦(売春婦)」を提供していた… 

ロクな調査もせずに発表された時の官房長官談話によって、 
今でも韓国から非難され、謝罪を要求され続けている旧日本軍の「従軍慰安婦」問題。 
が、ここにきて、その韓国政府自らが、かって在韓米軍に「慰安婦」を積極的に提供していたとの証言が飛び出した。 

<元売春婦らが、韓国と米国が基地付近の売春を可能にしたと述べる>――。 
今月8日、米紙『ニューヨーク・タイムズ』が、こんな見出しの記事を掲載した。 
同じ記事は同紙傘下の『ヘラルド・トリビューン』紙翌日付にも掲載されているが、 
いずれも国際面と1面で半分近くの分量を割いた記事だ。 
執筆者は、両紙のソウル特派員である崔相薫(チエ・サンフン)。 

<韓国は長年にわたって、旧日本軍向け売春施設で韓国やその他の地域の女性が働かされていた戦時下の最も醜い歴史の一章、いわゆる従軍慰安婦問題について、日本政府がその責任範囲を曖昧にしていることを厳しく批判してきた> 
という書き出しの後 、記事はこう続いている。 

<そしていま、今度は、韓国の元売春婦グループが、北朝鮮から韓国を防衛していた米軍兵士を相手に、自分たちにセックスをするよう奨励するという、別種の虐待を行なったとして、自国の元指導者を告発した。彼女たちはまた、韓国の歴代政権および米軍が、1960年代から1980年代にかけてセックスビジネスに直接かかわり米軍兵士が性病に罹らないように売春が行なわれるよう、性病検査および治療体制を共に構築したとして、利用者を告発している> 
<これらの女性たちは、(中略)韓国自体の歴史を厳しい目で検証することをせずに日本からの賠償を求めるのは偽善だと、歴代韓国政府を非難している> 

そして崔記者は実際に米兵士相手の「慰安婦」だったという金愛蘭(キム・エラン)さん 
(58)に取材し、<韓国政府は、米軍相手の大手売春斡旋業者でした>という指摘や<政府はGI相手にできるだけたくさん商売するよう熱心に奨励し、私たちを“ドルを稼ぐ愛国者”として賞賛したのです>との悲痛な訴えを引き出し、さらに、他にも7名の元「慰安婦」らに取材した結果、 
<米韓当局は、番号札を用いて女性を識別し、兵士達がセックスの相手をより容易に見分けられるよう、売春宿に番号札の着用を強要していたと女性たちは述べる> 
<性病に感染していると見なされた売春婦たちを韓国警察が連行し、女性たちによれば、窓に鉄格子がはまったいわゆる“モンキーハウス”と呼ばれる監視施設に監禁したという。この施設で、売春婦らは性病が治癒するまで治療を受けることを強要されたという>などの証言も得られた。 

同紙が独自に韓国および米国の公文書を調査した結果、 
<これら公文書の中に、女性たちの主張の多くを裏付けるものが見つかった> 
<韓国では売春は違法であるにもかかわらず、基地付近での売春を韓国も米軍も容認していた、何十年にもわたり明らかであった>とも指摘。 
この後、記事は元韓国政府の役人、内務省副大臣らの過去の証言、それに研究者らの解説も載せ、最後に、<名字だけを公表するという条件で取材に応じてくれたジョンさん(71)>の、こんな叫びで締め括っている。 
<自分の人生について考えれば考えるほど、私のような女性は、わが国と米国との同盟関係の最大の犠牲者だという気持ちが強くなってきます。振り返ってみれば、私の身体は私のものではなく、韓国政府、そして米軍のものであったと思います> 
当事者の証言や関係者の取材、そして独自調査も踏まえた、なかなか読み応えのあるスクープ記事なのだ。 
▼ソース:週刊新潮1月22日号(P30〜31) 
http://www.shinchosha.co.jp/magazines/images/10/poster_l/20090115.jpg 
_________________________________ 

クリップ「ライタイハンを忘れない」韓国人が綴る慰安婦問題 
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0826&f=national_0826_025.shtml 

韓国人ブロガーのダンミは、ベトナム戦争時の慰安婦問題について取り上げ、韓国軍兵士の行いを厳しく批判し「韓国は慰安婦問題で日本を責める前にまずベトナムに謝罪する必要がある」と綴った。 
  このブログ主は、ある慰安婦関連の記事で『韓国軍兵士は、ベトナム戦争の時、ベトナム女性に対して日本兵が韓国女性に行ったことより酷いことをした』と言う書き込みを見たという。「日本は、韓国人の女性たちに消えることのない深い傷を残した。日本に対する謝罪要求は当然必要なことだが、どうやら韓国はその前にベトナムに対して謝罪をする必要だあるようだ」と語る。 
  また、ライタイハン(韓国人兵士とベトナム人女性との間に生まれた混血児)についても言及し、慰安婦制度は多くの女性たちを傷つけるだけでなく、後に生まれてくる子供たちにまで苦悩の人生を歩ませるものであるとエピソードを交えながら説明している。 
  「多くの韓国人が日本に悪口を言うが、過去に韓国がベトナムに何をしたのか知らない人が多いようだ」とし「ベトナムに対して本当に申し訳ないと思う。今、私ができる事と言えば、謝罪の心を持ち、他の人々にこの事実を伝えることである。多くの人々がこの事実を知り、ベトナムに対して正式に謝罪できる日が来る事を願う。そうしたら、我々は日本に堂々と謝罪を要求することができるのである」と綴っている。(編集担当:橋本あゆこ) 
_________________________________ 
686116_1724108570_253small
クリップ朝鮮戦争時の韓国軍にも慰安婦制度 韓国の研究者発表 
http://hogetest.exblog.jp/6749030/ 

朝鮮戦争時の韓国軍にも慰安婦制度があったことが23日、立命館大学(京都市北区)で開かれている「東アジアの平和と人権」国際シンポジウム日本大会(朝日新聞社後援)で明らかにされた。韓国軍慰安婦について日本で公になったのは初めて。 
発表した韓国・ 慶南大客員教授の金貴玉(キム・ギオク)さん(40)=社会学=は「日本軍の慰安婦制度を真似したものではないか」とみている。 
 金さんは96年、離散家族のインタビューの中で、「50年10月、韓国軍の捕虜に なり、軍慰安隊の女性と出会った」という男性の証言を得た。以後5年間インタビューを重ね、「直接慰安所を利用した」「軍に拉致されて慰安婦にされかかった」という男女8人の証言を聞いた。 
 さらに金さんは、韓国の陸軍本部が56年に編さんした公文書『後方戦史(人事編)』に「固定式慰安所−特殊慰安隊」の記述を見つけた。設置目的として「異性に対するあこがれから引き起こされる生理作用による性格の変化等により、抑うつ症及びその他支障を来す事を予防するため」とあり、4カ所、89人の慰安婦が52年だけで20万4560回の慰安を行った、と記す特殊慰安隊実績統計表が付されている。 
 証言と併せ、軍隊が直接経営していた慰安所があった、と金さんは結論づけた。 
 軍関係者の証言の中には、軍の補給品は第1から第4までしかないのに、「第5種補給品」の受領指令があり、一個中隊に「昼間8時間の制限で6人の慰安婦があてがわれた」とする内容のものもある。 
 どんな人が慰安婦になったかは明らかではないが、朝鮮戦争時に娼婦(しょうふ)が急増し、30万人にも及んだことから、金さんは「戦時のレイプや夫の戦死がきっかけで慰安婦になった民間人も少なくない」と見ている。 
 金さんは「設置主体だった陸軍の幹部の多くは日本軍の経験者だった。韓国軍の慰安婦が名乗り出るためには、日本軍慰安婦問題の解決が欠かせない。韓国政府と、当時軍統帥権を握っていた米国の責任も追及したい」と話している。 
 大阪外国語大学の藤目ゆき助教授(歴史学)の話 非常に重要な報告だ。軍慰安婦については、韓国でもほとんど知られておらず、発見といっていい。韓国にいて韓国軍の暗部を問うのは難しい。同胞の女性を性奴隷化した自国社会を直接問うことになるからだ。 
アジア女性史研究の上でも、軍慰安婦と現在の軍事基地周辺での性暴力がどのようにつながっているのかを知る助けになる。(朝日新聞) 
_________________________________ 
686116_1724095551_100large
クリップ現代の慰安婦たち―軍隊慰安婦からジャパゆきさんまで 臼杵 敬子 

むふっ韓国で意欲的に女性解放運動にとりくんでいる女性評論家のこの発言に、臼杵はショックを受けたようだ。 
「身体を売る女はどこの国にもいる。 
キーセン観光は国家的政策であり、女性問題ではない。」
  
686116_1723984658_153large
__________________________________ 

慰安婦問題はどの国にもあった。 
ひとつは「自由恋愛型」 
政府や軍は建前上知らないというかたちになっている。 
英米がそう。 
日本とドイツは「慰安所型」 
軍は輸送の便宜を図り、病気の検診をやり、いろんなかたちでの統制・管理をやっていた。女性達と雇用関係はないので軍属ではない。一種の管理売春。 
ドイツも日本もそういうことを事務的に整えるのは、お得意の国民性。だから自然と似た形態におちついた。 
ソ連は「レイプ型」 
イリヤ・エレンブルグというソ連を代表する詩人が、「仇討ちにドイツの女をやっつけろ」という詩をつくって兵士を扇動した。 
慰安婦問題が大騒ぎになったとき、モスクワに駐在していた商社の人から聞いたのですが、テレビに第二次大戦の老将軍が出てきて、「日本軍は兵隊へのサービスが行き届いた軍隊だったようだ。わがソ連軍は全然違った。日本軍並にサービスしていれば、ドイツにもう一年早く勝っていただろう」と堂々としゃべっていたそうです。 
こうした事情をみるにつけ、どうして日本だけがこんなに批判されなければいけないのかと、改めて理不尽さに憤りを禁じえません。  

“高麗時代から朝鮮王朝時代まで続いた“貢女”の実態とは 
・娘が候補になると、顔に薬を塗って傷を付けることも 
「娘が生まれたら秘密にしたまま暮らす。他人に知られるのが心配で、隣人にも娘を見せられない。娘を隠していた事実が発覚すれば、村全体が害を被ることになり、親族を縛って取り調べ、屈辱を与える。処女を選ぶ過程でわいろが取り交わされるが、金がある者は切り抜け、金がない者は連れて行かれる」 
高麗時代、李穀(イ・ゴク)=1298-1351=がはるか遠くの元の皇帝に差し出した上訴は、切々としている。李穀が訴えたのは、ことあるごとに 

中国に献上しなければならなかった「人間の献上品」こと貢女
のことだ。
恥辱の歴史は、5世紀初めまでさかのぼる。高句麗・新羅から中国の北魏に、女子を送ったという記録がある。貢女の献上が最も盛んに行われたのは、高麗後期から朝鮮王朝時代にかけてだった。ソウル大学奎章閣のイ・インスク人文韓国(HK)事業研究教授は、今月末に出版される『朝鮮人の海外旅行』(文字の甕社)で、『高麗史』と『朝鮮王朝実録』を中心に貢女の残酷な実態をまとめた。 

■自害・早婚で抵抗することも 

高麗時代の元宗15年(1274年)、元が140人の婦女を連行したのを皮切りに、忠烈王・恭愍王代に元に対し献上した貢女は170人以上、44回に上った。朝鮮王朝時代にも、太宗から孝宗の時代にかけて、明・清に対し9回にわたり146人が献上された。学界では、中国の高官が私的に連れて行ったケースを合わせると、数千人に上ると推定している。 

中国から、貢女を選ぶ「採紅使」が訪れると、朝廷では貢女選抜機関を臨時に設置し、巡察使が各地を物色して回った。だが、民衆の抵抗は激しかった。孝宗の時代、慶尚道の鄭煌(チョン ・ファン)という人物は、娘が貢女候補になったことを知るや、娘の顔に薬を塗って傷を付けた。
また、娘を出家させるケースもあった。高麗時代には、乳飲み子を乳母が抱いて嫁がせることまであった。そのため朝鮮王朝時代には、世宗が「12歳以下の女子については婚姻を禁ずる」という法令を公布しなければならないほどだった。 
朝鮮王朝時代の太宗8年4月、各地から処女30人が選ばれ、ソウルに移送された。父母を亡くして3年以内の女性や、息子がいない家の一人娘を除いた7人が、景福宮での最終審査に臨んだ。しかし中国の使臣は「美しい女がいない」として官吏を棒で打とうとした。娘たちも指名を避けようと、体に障害があるかのように口をゆがめたり、足を引きずったりした。最終的に、娘たちの父親は全員罷免されたり、流刑に処されたりした。同年7月、再び選抜が始まった。太宗は「処女を隠した者、針灸を施した者、髪を切ったり薬を塗ったりした者など、選抜から免れようとした者」について、厳罰に処するという号令を下した。 

■国内外の権力関係を反映 
貢女たちのほとんどは、他国で人妻や「めかけ」として人生を終えたが、中には皇帝の目に留まり妃嬪(ひひん=君主の側室)の地位を与えられ、権力の道を歩む者もいた。高麗出身の奇皇后は、母国高麗の王位継承に関与するほどだった。貢女出身の妃嬪の父や兄も「皇親」として権勢にあずかった。奇皇后の兄・奇轍(キ・チョル)は、高麗国王と並んで馬に乗り、歓談した。朝鮮王朝時代の太宗・世宗の代に相次いで2人の妹を貢女として送った韓確(ハン・ファク)=1403-56=は、右議政や左議政(共に現在の副首相クラス)などの要職を歴任した。 
韓確が密通に及んだ事実が発覚した際も、世宗は「罰せられない人物」だとして黙認するしかなかった。 
中国は大陸に新たな権力が誕生したり、国内の国家権力が不安定になるたびに貢女を要求した。 
高麗や朝鮮の新たな支配者にとって、大国の承認を得ることは最大の急務だった。世宗でさえ、貢女の献上は「国内の利害のみならず、外国にも関係することなので、ただ(中国皇帝の)令に従うのみ」と語った。イ教授は「貢女は、中世国家の欲望と男性の欲望が凝縮された国家間の力学関係から生じた副産物。特定の時期に起こった事件というレベルを越え、その後も“慰安婦”、“洋公主(米兵を相手にする歓楽街の女性)”のように、強大国と弱小国の間で繰り返されてきた」と語った。 
全炳根記者(朝鮮日報)




************************ 

メモ【小町園の悲劇】ねずきちのひとりごとより 
工事中

メモ「日本の謝罪などいらない」韓国保守派の嘆きと憤慨 
工事中

メモ戦後朝鮮人が日本で略奪・強姦をしまくった事実 
工事中

メモ日本の「とりあえず謝罪」が通用しない理由 
工事中

メモいわゆる従軍慰安婦は単なる売春婦です 
工事中

メモ今も昔も変わらない売春婦の実態 
工事中


クリップ韓国女性100人 日本などで売春 
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=899571&media_id=4 
女性100人、日本などで売春=高校生も、あっせん業者逮捕-韓国 
韓国の警察当局は15日、16歳の女子高生を含む韓国人女性約100人を日本やグアム島に送り、売春させたとして売春あっせんなどの容疑でブローカーの男ら3人を逮捕したと発表した。女性が働かされた東京都台東区の出張風俗店は約4年間で約100億ウォン(約7億3000万円)の利益を得ていた。 
逮捕された男らは「海外の風俗店で働けば、毎月3000万ウォン(約220万円)以上、稼ぐことができる」との虚偽の広告をインターネットの求人サイトに掲載。 
応募した女性が日本に入国した後、パスポートを取り上げ、働かせていた。 

クリップ売春目的で女性を日本へ=「簡単に稼げる」と宣伝-韓国 
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=840016&media_id=4 
【ソウル18日時事】韓国の京畿地方警察庁は18日、売春目的で日本へ女性を送っていたとして、性売買防止特別法違反の疑いで、ブローカーの韓国人の男(47)ら2人を検挙した。 
 同庁によると、男は昨年12月から今年3月にかけ、インターネットの求人サイトを通じ、売春目的で女性57人を募集。川崎市の韓国人風俗業者に紹介したり、同市の自分の店で雇ったりして、計1350万円の利益を不当に得た疑いが持たれている。 
 男はネットで「日本に行けば、月2000万ウォン(約150万円)を簡単に稼げる」と宣伝。女性からメールで写真を送ってもらった後、電話で年齢などを尋ねた上で送る女性を決めていた。警察関係者は「韓国での取り締まりが厳しくなっているほか、円高の影響もあり、こうした犯罪が増えている」と話している。

ボケーっとした顔…これらの記事のように、昔から日本人相手に売春させるため、手引きをするコリアンはいました。 
同胞の「いい仕事があるよ」という甘言に騙されて日本に売り飛ばされた女性がいたのです。 
いわゆる「慰安婦問題」は捏造から始まりました。簡単に言えば従軍慰安婦は戦地売春婦です。 
当時、慰安婦は世界中にいました。 
それがなぜ日本だけが問題にされているのでしょうか? 

まず、これまで朝鮮人女性の強制連行があったことを証明する確かな根拠は、 
一切、示されていません。 
なかったということを証明することは困難です。 
しかし、実際あったということが証明されなければ、それを非難、罰することはできません。 
では、あったという証拠はどうすれば証明できるのでしょうか? 

1、軍・官憲などが強制連行に関与したことを示す文書 
2、裏付けのある被害者の証言 
3、同じく加害者の証言 
4、同じく目撃者の証言 

これらの中、一つでも確かなものがあれば事実と認めてもよいでしょう。 

1まず、証拠となる文書はありません。 
そのことはいわゆる「河野官房長官談話」で広義の強制生を認めた河野洋平自身が 
「強制的に連行されたものであるかどうかということについては、文書、書類はありませんでした」と明言しています。 

2では、被害者の証言はあるのでしょうか? 
政府は韓国の運動団体「太平洋戦争犠牲者遺族会」が選んだ16人の元慰安婦の聞き取り調査を行っているが、検証も裏付け調査もしていません。 
聞き取りには福島みずほ弁護士などが立会人として同席しており、証言者名も証言内容も全く公開されていません。 
これでは確かな証拠にはとてもなりません。 
強制連行があったということにしたい弁護士は、それらの証言がウソだとバレないように、回答を封じ込めたこともあったようです。 
元慰安婦として韓国政府に届け出た人が155人。その中生存者は平成4年当時で74人で、民間の運動団体、韓国挺身隊問題対策協議会に登録している者は55人。 
その中で連絡可能な40人余を対象に聞き取り調査をした結果を挺対協が「証言集」として刊行しています。 
同書は韓国外務省が「これに全部書いてある」と折り紙をつけた韓国サイドにとって切り札的資料です。 
ところが韓国の運動団体の調査でも矛盾が多く、省略や混乱、意図的な歪曲などが激しく、実際に同書に採用されているのは19人の証言のみです。 
その19人の中、権力による強制連行の証言は4人だけです。 
その中の2人は富山や韓国の釜山など、実在しない慰安所に連行されたことになっています。 
残る2人は金学順、文玉珠。 
しかし金さんは母親に40円でキーセンに売られ、文さんは朝鮮人に「食堂で働かないか」と誘われビルマで慰安婦になったのです。 
文さんは日本を訴えた時に裁判所に提出した訴状にそう書いたのですが、「それは強制連行ではない」と非難され証言を変更したのですが、それでは信用性はありません。 
結局、信用できる証言はなかったのです。 

3では、加害者の証言はあったのでしょうか? 
吉田清治氏(これは偽名。本名は雄兎)のウソ証言があるだけです。 
済州新聞の記事や秦郁彦の現地調査などにあってウソがばれました。 
吉田証言を取り上げさんざん強制連行を煽った「朝日新聞」ですら、 
『朝日新聞などいくつかのメディアに登場したが、間もなく、この証言を疑問視する声が上がった』 
と事実上の否定宣言を行っています。 

4では、目撃者はいたのでしょうか? 
目撃者はいません。 
被害者と称する人がいても目撃証言が韓国人の中から全く出てこないのも不思議な話です。 
自分の家族が連行されていくのを大人しく見ているでしょうか? 
必死に止めるはずではないでしょうか? 

ところで、戦後の日韓国交樹立に当たっての交渉過程で慰安婦問題は取り上げられたのでしょうか? 
日韓交渉は14年間にも及び微細に両国間に存在する問題が逐一取り上げられましたが、慰安婦問題について韓国側は一切言及しませんでした。 
では、いつからなぜ問題化したのでしょうか? 
平成になって「朝日新聞」が火をつけ、宮澤喜一政権が「謝罪」路線に走ったからです。 
まず、平成3年8月11日「朝日」の植村隆記者が元慰安婦の証言なるものを報じたのが発端です。 
当時、韓国内でも一切報道はなされていませんでした。 
その内容は金さんが「女子挺身隊」として「戦場に連行された」との捏造報道だったのです。 
女子挺身隊は日本国内の軍需工場や被服工場などに動員された人々で「戦場」に出向くはずはないし、もとより将兵の性欲処理とも全く無縁。 
さらに金さんは「連行」されたのではなく、貧しい母親に売られたのだった。 
つまり「慰安婦問題」は朝日の捏造報道から始まったのです。 
同年12月16日、韓国の太平洋戦争犠牲者遺族会が元慰安婦3人を含む35人を原告として1人2000万円、計3億円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こしました。 
これを朝日が大々的に報じた事で一挙に重大問題化しました。 
(このことを報じたあの植村隆記者が太平洋戦争犠牲者遺族会の会長・梁順任の娘さんと結婚しています。 
しかも梁順任は「誰でも日本から金をもらえる」といって会員を集め詐欺で逮捕されました) 
30934370_1490515022

しかも問題を決定的に悪化させたのは、当時の宮澤首相の姿勢です。 
真相を明らかにし、どこまでも事実に基づいて韓国と対応することをしないで、 
韓国側に責められるままに非を認め謝罪することで事態を沈静化しようとしました。 
それが宮内閣総辞職前日に発表された河野官房長官談話でした。 
これによって日本政府自身が「官憲等」による慰安婦の「強制」連行へ「直接」の「加担」を認めたことになり、国際社会における日本の名誉は著しく傷つけられました。 
現在のアメリカ下院での謝罪を求める決議は、これを根拠にされています。 

日本は元慰安婦に対して賠償責任はあるのでしょうか? 
…ありません! 
そもそも、軍、官憲等による強制連行の事実が確認できない上に、 
昭和40年の日韓国交樹立の際に締結された「請求権・経済協力協定」によって「完全かつ最終的に解決された」ことが両国によって確認されているからです。 
この協定によって無償3億ドル、有償2億ドル、計5億ドルを韓国に供与する巨額の経済協力を行いました。(当時の韓国の外貨準備高は1億3000万ドルです) 

ぴかぴか(新しい) ●結論● ぴかぴか(新しい) 
慰安婦問題は法的にも史実的にも実在しません。 
河野談話による政治的幻影のみが存在し、日本の国益を損ない続けているのです。 
_____________________________ 

モバQ●質問1 
「10代の女性が、自分の意志で「慰安婦」など志願すると、本当に考えているのでしょうか? 」 

戦時中ということもあり、生活の苦しさから「身売り」せざるを得なかった女性がいたことは同情します。 
しかし、廃業自由だったので、嫌ならいつでも逃げられたし、非常に儲かるので辞めない人が多かったです。 
帰国後、家やビルを何件も建てたりできたそうです。 
当時、大卒の月給が75円であったのに対して、慰安婦の月収は300円でした。 
まぁ、ハイリスクハイリターンな家業ですね。 

↓これは慰安婦大募集の広告です。 
30934370_3407043351

http://photo.jijisama.org/ianfu.html 
「慰安婦至急大募集」(京城日報1944年7月26日) 
「軍慰安婦急募」(毎日新報1944年10月27日) 
「慰安婦を募集!月給300円以上!3000円まで借金が可能!」と書いてあります。 
しかも、右側の連絡先には( 許氏=フゥォ氏)と書いてある。許というのは朝鮮人の 姓。 
つまり、慰安婦の募集に朝鮮人が積極的に関わっていた事の動かぬ証拠。 
慰安婦を高給で募集していたのは朝鮮人なのです。 
当時、文さんの故郷テグでは千円あれば家一軒が買えた時代です。 
そんな高収入の慰安婦業ですから、強制連行までして集める必要がないことは明らかです。 
文さんはビルマで三年たらずで、二万六千円の貯金ができ、五千円を仕送りし、1992年に時価換算で日本郵便局に貯金の払い戻しを請求しました。 

「現代の慰安婦たち」で、韓国で意欲的に女性解放運動にとりくんでいる女性評論家このように発言しています。 
「身体を売る女はどこの国にもいる。キーセン観光は国家的政策であり、女性問題ではない。」 

現在でも売春で稼ぐ韓国人女性は存在します。 
戦時中、慰安所の勤務女性の総数約2万人。 
半数は日本人、半島、台湾、フィリピン合わせて約1万人の民間売春婦が軍人や邦人向けの慰安所(多くが朝鮮人の経営)で収入を得ていた。 
現在、日本の性産業で働く韓国人売春婦は5万人、米国に3万人と言われています。 
韓国の主力輸出産品は売春婦です。 
30934370_2620485130s

東京の鶯谷、歌舞伎町、大久保、大阪ミナミ等を拠点に日本全国で売春している韓国人売春婦の数は総勢5万人います。 
韓国人は「日本キライ!」「日本人に性奴隷にされたおばあちゃん可哀想!」ってヒステリックに叫ぶのに、なぜ今でも日本に売春しに来ようとするのでしょうか? 
まさか50年後に「日本人に強制的に連れて来られた」と日本国に対して謝罪と賠償を求める気じゃないでしょうか? 
それはあまりにも筋違いだと思いますが、韓国人の「何でも人のせいにする」「執拗に憎む」という民族性から言ってありえるのではないでしょうか。 

クリップ韓国人留学生が日本で売春を強要、日本は人権後進国=韓国メディア 
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0621&f=national_0621_016.shtml 

「150万人の韓国人女性、『売春させろ』とデモを行う」 
http://www.youtube.com/watch?v=9t92l6nTlvs&feature=related 

韓国の売春婦デモ 
http://www.youtube.com/watch?v=8KuWsy5f33c 


_______________ 
モバQ●質問2 
「自分の意思で慰安婦になったのであれば、慰安婦の就業規則や雇用契約書などがあると思いますが」 

現代でも雇用なんか口約束ばっかりで、就業規則なんか私は見た記憶がないですけどね。 
まず軍が組織的に「強制連行」を指令した文書は存在しません。 
日本は当時も法治国家ですから、もし公権力が組織的に関与したのなら公文書が残されているはずです。 
性病など病気にならないように、予防保健をするようにと軍が指導したことはあったようです。 

当時、戦地には4000人ほど朝鮮人売春婦がいたそうです。 
戦場で娼婦を抱かずにいられない男性の心理は、女の私には感覚的に理解できません。 
ですが、戦場で慰安所が作られることは当時世界中で当たり前だったそうです。 
ですから、それを謝罪しろというのなら万国が謝罪するべきです。 
ポイントは、公権力による組織的な「強制」があったかどうかになるでしょう。 
つまり軍によって無理矢理慰安婦にさせられた女性が存在したかどうかです。 
先ほど述べたように、韓国の調査によってもそのような事実は見つかっていません。 

次に、戦地売春婦たちは本当に性奴隷のような存在だったのか、考えてみましょう。 
さきほどの話に出てきた、文玉珠さんという元戦地売春婦が起こした、ビルマでの貯金の返済請求裁判。 
戦時中のビルマで戦地売春婦として働いていたとき、(1943~1945年)3年間で売春業で貯めた2万6145円を郵便貯金にしていましたが、戦後の混乱期に通帳を紛失してしまったと言う。 
1965年に貯金が失効してしまうと、その返還を求めて1992年に裁判を起こしました。 
その金額を現在のレートにすると約一億近くの巨額のお金になります。 
ちなみに、当時の陸軍大将の年収でさえ6600円であるから、仮に3年間陸軍大将を勤めても、2万円を稼ぐことができなかったのです、 
「戦地売春婦が性奴隷だった」というが、どこの世界の奴隷が、使役する側より金を稼ぐことができるというのだろうか?? 

終戦直後の戦地売春婦たちの姿をうかがい知るデータとして、北ビルマのミナチ慰安所を調査したリポートがあります。 
それを見ると、「女性たちはブローカー(および経営主)が、300~1000円の前借金を親に払って、その責務を慰安所での収入で返還している。 
経営者との収入配分比率は40~60%、女性たちの稼ぎは月に1000~2000円、兵士の月収は15円~25円。 
慰安婦たちは、通常、個室のある二階建ての大規模部屋に宿泊」して営業を行ったとあります。 
さらに、「彼女たちの暮らしぶりは、他の場所と比べ贅沢ともいえるほどでありました。慰安婦は接客を断る権利を認められていた」ほか、 
「負債の弁済を終えた何人かの慰安婦は朝鮮に帰ることを許された」といった記述も見られます。 

元慰安婦と称する人達も「自分から進んで行ったのだ」などと言えるわけがありません。そんなこと言ったら韓国の恥だなどと責められてしまいます。黙って被害者ぶっていた方が得です。 
無理矢理連れていかれたのだ、と言えば同情してもらえるし、お金をもらうこともできます。 
日本人は悪人だったという固定観念がある為、 
「どうせ無理やり連れて行かれたんでしょ?そうに違いない、そうですよね?」とお婆さん達に誘導質問し、日本を叩く為の駒の一つにされたのかもしれません。 

また、小野田という人が「正論」の2005年1月号で発表した手記「私が見た従軍慰安婦の正体」でも、 
「当時、漢口周辺には約33万人という兵力が駐屯していたが、ある理由で全軍の兵士の金銭納帖を調べた。3分の1が郵便貯金、3分の1が食費費、3分の1が『慰安所』への支出だった。 
貯金は給料の僅かな兵士たちにとって嬉しいことではなかったが、上司は躾として教えられている手前せざるを得なかったのが実情だった。 
(中略)ちなみに当時の給料は兵は一ヶ月平均13円程度でその3分の1を約4円として計算すると、33万人で総額約132万円になる」と、ほぼ米軍リポートと同じ内容が書かれている。 
『慰安婦と戦場の性』によれば、玉割(売春宿と売春婦の収入配分率。売春婦の取り分を%で示す)が、 
内地では高くても40%だった時期に、戦地では50%が当たり前だった。 
さらに沖縄などでは70%にまで跳ね上がっていたとのことです。 
稼ぎだけ見れば、内地に比べて戦地売春婦は5倍以上稼いでいました。 
前借金で売り飛ばされた者も数ヶ月で返済し、以降は貯金や親元への仕送りなどに収入を回している。 

武漢兵站という本に慰安所の記録が載っていました。 

その詳細を知れば知るほど性奴隷とは程遠い実態が浮き彫りになる。 
「戦場で青春の幾刻かを過ごした人たちには、多少なりとも、彼女ら慰安婦との交渉の記憶があるだろう。ときにそれが彼の生涯における最重要の意味をもつことになったりする。死生の間において肉と情を頒ちあう交渉がいかに切実な甘美なものであるかは、それを体験した者でなければわからないかもしれない。単に荒涼殺伐な性だけが、戦場の風俗ではないのである。 
戦場的倫理観からいうと、売春行為というものは、それが美徳でこそあれ、決して不道徳、または卑猥な行為であるとは言えないようである。あえていえば、死を賭ている者が行う、一種の儀式のようなものなのだ。 
兵隊というものは、自ら意志せずして戦場に駆り出された素朴な庶民だし、戦場の女たちもまた、それおを運命を同じくしている。 
つまり彼等同志は、生きている次元が同じであり、心の底辺にお互いの同情と理解を用意している。…」
 

少なくとも、日本に対して厳しい目を向けていた米軍のリポートや、 
実際にこの戦地売春婦たちを体験した小野田氏らの証言、 
あるいは秦郁彦のような研究者たちのリポートを読む限り、 
性奴隷とされた「慰安婦」の姿など、どこにも存在した様子はありません。 
むしろ、商売人としてのプロ意識を備えたしたたかな「戦地売春婦」の姿がそこには見えてきます。 
確かに売春業にによってしか、生計が立てられなかった戦地売春婦たちの境遇には、同情の念を禁じ得ません。 
そしてそれは、当時の日本でも同じでありました。 
現在とは異なり売春が制度として肯定されていた時代には、 
農村の貧しい家の娘が売り飛ばされる、といった貧困のための悲劇は、国を問わずどこでもあったものです。 
むしろ、戦地売春婦として生計を立てられなければ、こうした朝鮮人女性はもちろん、 
その家族ともども野垂れ死にしていたでしょう。 
売春を望んで行う人間はいないでしょうが、しかしまたその売春によって得たお金で彼女達自身、あるいはその家族が救われたこともまた、事実だったのです。 
________________________________ 

あせあせ実は、非難されているのは日本だけではありません。 
韓国政府とアメリカ政府も元韓国人慰安婦から謝罪と賠償を求めてられています。 
「慰安婦問題とアジア女性基金」http://www.awf.or.jp/1/facts-04.html 
↑こういうHPを作っている人達は当然世界中に対して非難活動してるんだろうね? 
日本に対してだけやってるんなら、それこそ民族差別だと思いますが。 

クリップ韓国人元慰安婦、韓国政府と米軍を告発 NYタイムズ紙 
(YAHOOニュース/産経新聞 2009/01/08) 

米ニューヨークタイムズ(電子版)は8日、韓国の元慰安婦のグループが、1960年代から80年代にわたって米兵との性的行為を強制されたとして、当時の政府指導者に謝罪と賠償を求めて告発したと報じた。 
このグループは組織的な慰安施設の設置に直接的に関与したとして、米軍と韓国政府をあわせて告発した。 
同紙によると、元慰安婦のグループは朝鮮戦争後、韓国に駐留していた米軍の基地近くにあった慰安施設で米兵を相手にした売春を強要されたと証言。一帯では、米軍の憲兵隊と韓国当局者が施設を見回り、番号札を使って性病に感染したとみられる慰安婦を排除しており、性病が疑われた女性は警察当局が、 
窓に鉄格子がはまった「モンキーハウス」と呼ばれる施設に収容し、快復するまで治療が施された、と証言している。 
同紙は、韓国の専門家が、当時の韓国政府は米軍の撤退を恐れており、それを防ぐために手段を選ばなかったと指摘しているとし「慰安施設には韓国政府と米軍の積極的な関与があった」とする別の専門家の談話を伝えた。 

むふっ戦後アメリカも日本に慰安所の設置を求めましたが、日本人慰安婦がアメリカに謝罪と賠償を求めたという話は聞いたことがありません。 


 

従軍慰安婦を支援している市民もいますが、彼らはこの映像に出てくるようなボケたばあさんの証言を疑いもなく信じているんです。 

****************** 

メモ 日本の「とりあえず謝罪」が通用しない理由 
http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/33726135.html

メモ 今も昔も変わらない売春婦の実態 
工事中
メモ★ 現代韓国人の国民性格 ★ 著者:李符永(ソウル大学教授) 
工事中
メモ 生活保護だけじゃない!在日特権 
http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/33328970.html
メモ戦後朝鮮人が日本で略奪・強姦をしまくった事実 
http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/33324647.html

メモ弱者で居る方が世論誘導工作と権利要求できる 
http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/33366226.html
メモ 偏見や差別はなくならない 
工事中
メモ日本は侵略したことない 
工事中

従軍慰安婦及び強制連行問題における仮想問答集 
http://awfuljapan.livedoor.biz/archives/51314482.html

このページのトップヘ